×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あさひ鮨(港まちエリア)


気仙沼市観光

気仙沼 あさひ鮨(港まちエリア)


大きな地図で見る

気仙沼に来て、一度は食したいのが、
新鮮な三陸の海の幸を熟練の職人の技で握った、寿司ですね!

あさひ鮨では、絶妙の腕前と軽快なトークを併せ持った、
熟練の職人さんたちが出迎えてくれました。

あさひ鮨外観

あさひ鮨は、気仙沼のこの店に限らず、仙台駅の構内や遠くカリフォルニアなど、
いくつかの店舗に暖簾分けしています。

今ではマジシャンで有名なマギー審司さんも、
あさひ鮨のカリフォルニア店で修行なさっていたというのは、気仙沼では有名な話です。

店内に入ると、10席ほどのカウンター、
テーブル席が8席、座敷が12席ほど用意されていて、
いつでもお客さんの笑い声が響いています。(2階には座敷席があるようです)
※駐車場は店の向かいなどにあります(10台分)

カウンターの奥には、年季の入ったお品書きやオススメメニュー、
カリフォルニア店の写真などが飾られています。

また、カウンターに居る板前さんたちは、素晴らしい手際を披露しながら、
常連のお客さんと談笑しています。

今回の目的は、2007年10月23日にロンドンで開催された寿司コンテスト「Sushi Awards」で、
見事グランプリを受賞したという、「金のふかひれ」を食すためでした。

金のふかひれ鮨を考案した板前さん
↑金のふかひれ」を考案した板前さんです

軍艦巻きの上に、甘辛く味付けされたふかひれと、
金箔が乗った豪華絢爛な鮨です。

金のふかひれ鮨

ぷりぷりした食感と、ほんのりした甘さ、そして、不思議なサクサク感が調和した、
新しいコンセプトの鮨でした。
※実際に軍艦巻きの中に何が入っているか、あさひ鮨でお確かめください

ふかひれ鮨三種盛り

以前にも、ふかひれ鮨三種盛りを食べたのですが、
それらのいわゆる王道的なものとは趣を異にする、本当に美味しい職人の技でした。

さて、ふかひれだけでは収まりません。
せっかくだからということで、色々と食べてしまいました☆

脂の乗ったメカジキのトロを刺身で。
口の中で溶けてしまうような食感は、究極です!脂が乗ってます・・・・・・・!!

他にも、メバチマグロの中トロ握り鮨と、
ホンマグロの中トロ握り鮨をそれぞれ。

素人考えで、中トロって言ったら中トロだろう!
なんて思いきや、全然食感が違います。
身の締まったメバチマグロと、口の中でとろけてしまうホンマグロ。
その美味たるや、帰りたくなくなります。

気仙沼の味といえば、あさひ鮨。

季節のメニューも、ちょっとしたわがままも、全部板前さんが叶えてくれます。
是非ともカウンターに座って、色々話しかけてみましょう!

気仙沼の夜が楽しくなること、うけあいですよ〜!!

(2007/11/24 たくびー)

2007年12月 気仙沼あさひ鮨 創業40周年記念「作文コンクール」開催! ⇒終了しました

あさひ鮨

あさひ鮨 ホームページ
本店 0226-23-2566
営業時間 11時〜22時(日曜日は11時〜21時30分)
※基本的には月曜日が定休日

→ あなたの気仙沼の思い出をご投稿ください ←

気仙沼観光 タウン情報ナビ だぃん気仙沼
著作・制作・運営 2007年8月 だぃん気仙沼